I様ご夫妻の家のお引き渡し

外観

I様の家が完成した。
見学会も無事終了してお引渡ししました。で、こちらが外観。端正なフォルムです。私は外観に関して、特定のデザインにこだわることはありません。軒が有るとか、メンテナンスが楽とか家としての基本が満たされればオーナ様のご希望にあわせて設計しています。

注文住宅ですので基本的には何でもご希望にこたえられますがプロの目から見て、お勧めしないこと、反対にお勧めしたいことは有る。
 
内外を問わず基準を上げると・・・

ビニールクロスはお勧めしない。紙クロスか左官塗り壁をお勧め。構造用合板を床、屋根に使う以外は基本的に全部ムク材。梁や柱など構造材に集成材は使わずムク材で作る。ムク材は可能な限り地元材を利用。床、窓枠、ドア枠、ドアなどの内装材はすべてムク材。輸入材のホワイトウッドは絶対使わない。東三河平野部も台風が来た時に強烈なので、軒の天井が化粧で見える作りにはせず、軒天井を張って垂木や梁桁、母屋を隠す。湿度をコントロールする家を作りたいので、外壁に構造用合板は使わない。確実に断熱施工するため湿気を吸わない防湿層が要らない繊維系の断熱材を使う。外部は対候性を考慮してアルミ製、内部は結露を防ぐため樹脂で出来たサッシを使う。(ハミングの家はお風呂の窓以外は結露しない) 使わない部屋は作らない。無駄に広い家は提案しない。日頃の使い勝手優先で設計。耐震強度が優先。2F建ての場合は柱の上に柱、壁の上に壁が有る直下率を重視。小さな家がお勧め。家の基本は平屋なので2階建ての場合も1Fだけで生活ができる様に、なるべく考える。

と言ったところです。

こうやって書いてみると、結構ハミングのスタイルがありますね。スタイルの基準は自分が住みたい家かどうか。自分の家が今のハミングの家のプロトタイプなのでそういうことになっちゃう・・・。
住設説明

さて、お引き渡しで何をするかと言うと設備の説明が主です。メーカーさん、ガスやさん、水道、電気、サッシの各業者が順番に建物の自分の受け持った設備について説明してくれる。今の住宅設備はガスコンロやシャワートイレなど家電製品みたいなものだから、使い方は専門の人でないと説明は難しいです。

私は何をするかと言うと、木のお手入れの方法や木材は日焼けで変色すること、きれいに日焼けするまで5年はかかる事、無垢の建具は変形することはしばしばあるので、既製品とメンテナンスが異なること、左官工事部分はひび割れやチリ切れがあるので覚悟しておくこと(笑)など、自然素材の家の特徴をおさらいでお伝えします。

引き渡しは、私にとってその建物との濃密な時間が終わり手を離れていくことなのでチョット寂しいです。