ガイドブック無料プレゼント

小冊子
初めまして。

著者の佐々木宏和と申します。設楽町の製材所を営む家に生まれ、今は豊橋に住んで奥三河の木で家を作っています。
建築工房ハミングの代表を務める一方で、設楽町にある奥三河木材協同組合の理事として、FM豊橋の生放送番組『ハミング佐々木 木々(きぎ)の歌声』で地元の木をPRする活動もしています。組合は二川の本陣再生、豊橋市内34の小学校の木の教室など、豊橋市内のたくさんの公共建築物に地元材を供給してきた歴史ある製材工場です。


私は『地元の木で作る、地元の気候に合うエコ住宅』を作りたくて大手ハウスメーカーを退職、建築工房ハミングを設立しました。

独立した後、間もなく子供が生まれました。ところが、喘息とアレルギーがあって夜中に何度も病院に連れて行く経験をしました。苦しむ子供を見て、「代われるものなら代わってやりたい・・・」と夫婦でよく話したものです。そんな体験から、体に悪い影響を及ぼす家だけは作りたくないと強く思うようになりシックハウス対策に没頭、一生懸命に勉強しました。

その後、同じようなご苦労をされている方でも安心して住んで頂ける家作りのノウハウが確立でき、平成10年には第一号となるコンセプトハウスを建設、それ以来100軒以上の、安心してお住まい頂ける家を建てさせて頂き多くのご家族様に喜んでもらっています。
平成25年にはハイレベルなアレルギー治療をされている、ナチュラルファミリークリニック様【豊橋市多米西町】からもご指名をいただき病院を建築しました。


親なら誰でも子どもには、『健康で、心ゆたかに育ってほしい。』と願います。食事にも気を使い『栄養があって体に害が無いものを』と毎日、献立も苦心されているのではないでしょうか。

では、住まいについてはどうですか?

私は、家は単に丈夫で機能的なだけでなく、『安全で癒される家、住むと心が和む家、建てることで環境にも良い影響を与える家』がベストだと思っています。
だから風土に合わない外国産の木を張り合わせた柱、ビニールクロスの内装、申し訳程度に自然素材を使う様な家づくりには抵抗があります。たくさんのお金を頂くのに、中途半端な家を作ったのでは申し訳ないです。

きちんとした家を建てるなら、肝心カナメの【木】の素性、材料の安全性や長持ち具合に注意し下さい。現在、家づくりで使われている木材の中には高温多湿な日本の風土に全く合わず、使い方を誤ると直ぐ腐ってしまう輸入材(北欧材)もあります。

国産材は適材適所に使えば安心ですが、中でも奥三河の木は、古くは伊勢神宮の遷宮、江戸城や駿府城などの改築に利用されたほど良質です。私は良質な奥三河材をふんだんに使える立場を生かし【普通の価格で高品質】、【デザインも省エネも満足できる自然素材の家】を作ってきました。

そして地元の木を使えば、いのちと暮らしを守ることにつながります。大切に木を育て、その木であなたの家を作り、また木を植え山の手入れをする。手入れが行き届いた元気な森は空気をきれいにして、水もたっぷり貯えます。
水は川となり、山のミネラルを海に運んで海の生き物を豊かに育てます。このように元気な森は、私たちの命の水と豊かな自然、子供たちの未来を守ります。地元の木を使った家を一軒でも多く作ること、たとえ柱の一本でも地元の木を使う事が大切なのです。

家づくりは暮らしづくり、しあわせ作りだと思います。
地元の木をふんだんに使った自然素材の家は、安全、快適に暮らせて癒されるだけではなく、環境を守り、私たちの未来を守ります。

このガイドブックがお役に立てば幸いです。

プレゼントにご応募いただいても営業電話は一切いたしませんのでお気軽にご応募ください

ご依頼いただいてから3~4営業日中に発送いたします

●同業者様の請求はご遠慮ください

●工事可能エリア外への送付は致しておりません。ご了承下さいませ。(工事エリア 豊橋市・豊川市・湖西市の一部・田原市の一部)

ガイドブックプレゼントお申し込みフォーム

マンションやアパートにお住まいの方は、必ず部屋番号までご明記下さい。
ご記入が無いため配達されず返送されるケースが発生しています。よろしくお願いいたします。

  1. ※必須
  2. ※必須
  3. ※必須
  4. 上記の内容でよろしければ送信ボタンを押してください。
 

scroll-to-top