家づくり相談会


家は、「設計」、「資金計画」、
   「土地選び」、「工事の時期」など、

いろいろな打ち合わせをしないと作れません。

ハミング モデルルーム

新築、リノベーション、リフォームを問わず、どれも専門職が集まってオーダーメイドする工事プロジェクトです。

お客様はお金を払って、自分の希望するものを作るよう工事させます。
それで建築の世界ではお客様のことを「お施主さま」と呼びます。

プロジェクトのリーダーです。
とは言え、お施主さまは専門家ではありません。

「詳しいことは知らない」、「具体的に何を、どの順番ですすめるのか、よくわからない。」
という方がほとんどです。

それで専門家集団(工務店)がお手伝いして、プロジェクトを進めます。


代表取締役社長 佐々木 宏和
お施主さまのご希望にそった良いモノを作るには、まず、ご希望をしっかり理解する必要があります。

「うまく言葉にできない想い」、「気持ち」、「びみょうなニュアンス」などは、
一人の人間が寄り添い続けないと、実現するのは難しいです。

分担したのでは話が伝わらなかったり、連絡漏れが起こったりするかもしれません。

そこで、お施主さまと分かち合い、より良い仕事ができるように、ご相談の段階から佐々木が全てお相手をしています。

設計、資金の計画や工事の管理、メンテナンスまで私がお付き合いしますから、何でもご相談いただけます。


 

ハミングの家作りのスタイル
平成9年から自然素材の家だけ作ってきました。

「自然素材の家」とか「シックハウス」とか、そんな言葉が無いころからです。

日本のエコロジー住宅のさきがけでした。

プラスチックやビニール、ボンドなど石油化学製品をできるだけ、使わない家が住む人の健康をまもります。

とくに体に触れる内装材は、健康への影響が大きいです。

ハミングでは、床、壁、天井などの内装仕上げ材、窓枠やドアなども、すべてムク材や自然素材で作ります。

家は店舗や工場とは違います。
人が生きて行くところですから、そういうモノで作られてないといけません。

ですから「ムクの床材を張りました。」程度で健康住宅だとか、木の家だとか名乗ると誤解を招きます。止めるべきだと思います。

地元のムク材
木は、
地元のムク材をできるだけたくさん使う

水源の山の木を購入してお金を還元し、地元の山を管理する費用に使ってほしいからです。

自分たちの住んでいる地域の環境を守るためには、費用の循環がどうしても必要です。


 住むとき、作るときと、
「壊すときの」安全性・環境への負担も考える

「住むとき」の省エネはもちろん大切ですが、大量の石油化学製品や機械利用が前提の、「省エネ住宅」が良いい家だとは思えません。

「自然素材や無垢材の特性を生かした省エネ住宅」が、ベストだと考えています。
ハミング モデルルーム
そして、
「埋め立て処分できるから」、
「法律で許されているから」と言って、
健康や環境への負担が大きな材料を気軽に使うのも、未来に対して、つまり自分たちの子供や孫に対し無責任だと考えています。

その点、自然素材やムク材は廃棄するときも再利用しやすくて、処理も安全にでき、費用もリーズナブルです。

こんな考えで、
「普通にメンテナンスすれば100年は気持ちよく住めて」、
「住むほどに味わいがまし」、ランニングコストだけでなく、
「廃棄時のコストや環境への負担もおさえた」、社会的な意義と価値のある家作りに、25年以上前からまじめに取りくんできました。


■相談会開催日時
毎週土曜・日曜 
【平日や夜間もご希望に合わせますのでご相談ください】
 
①10時〜 ②13時〜 ③15時〜

◎ご希望の日時を記入して送信してください。
相談申し込みボタン

お電話でのお申し込み
0120-86-8309
FAXでのお申し込み
0532-25-8814
メールでのお申し込み
h@83ing.com
FAX、メールで家づくり無料相談をお申込みの方は
■お名前 ■ご住所 ■連絡先 ■希望の日時をご記入下さい。
scroll-to-top1