ハミング社長ささきの日記

解体二軒 築100年と30年 工事が始まりました。

2018年9月27日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
洗面壁解体 豊橋市
こちらは解体と言っても部分的に壊すだけ。
7年ほど前に新築した家のお隣さんです。ご縁があってその時、少し改装工事をさせて頂きました。今回トイレを作り直します。
土間の水回りなためか、壁の内部はシロアリにかなりやられてました。シロアリ自体はもう居ないので壊した後、ホウ酸で予防処理。
S邸解体 豊橋市
昔、ご商売をやっていたお店スペースの内装をきれいにします。クロスを張るために下地を施工中。
築100年の家の解体
さて、こちらは豊川市内の建て替え工事の解体現場。このトタン張りの家をこわします。なんと大正時代の建物です。
古材 豊川市
壊してる途中の小屋裏です。画像がもやがかってるのは、埃のため。懐中電灯をつけないと見えない暗さなのでフラッシュ焚いたらこんな写真に・・・。仕口(木材のジョイントの仕方)に大工さんの手仕事の技が光ってた。

築16年のY邸にお邪魔してきました。

2018年9月18日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
外観 岡崎市
築16年のY様ご家族の家にお邪魔してきました。

特に用事があったわけでは無いのですが、近くに出向いたこともあり、外からだけでも建物の状態を拝見できたらと思い寄った。

お庭の緑がすてきな感じですね。
しっくいの家 
で、こちらが新築の時の写真。1Fは杉の赤身板縦張り、2Fはシックイ塗りでした。

年数が経って変色が少々目立ちますがシックイ、板ともに傷みは無し。丈夫ですね~。

たまたま奥様が在宅されていて、外壁の件お伝えしたら「だいぶ変色してきたんで心配してたんです。一安心しました。」と喜んで頂きました。
ブロアー 岡崎市
外壁の話の前に話題になったのが浄化槽のブロアーです。

「ついこの前、交換したばかりなのに動いてないんですよ。電源がおかしいのかと思って佐々木さんに連絡しようか、でも、細かいことで連絡しても申し訳なし・・・」

と思ってた矢先だったそうで、抜群のタイミングでお邪魔したらしい(笑)

早速コンセントに他の電気製品を接続したら、ちゃんと動きます。ブロアー自体が原因と判明して一件落着。
緑がきれいな玄関 岡崎市
住宅街にある、隠れ家みたいなカフェの玄関です。

ウソです。Yさんのお宅ですが、「味があるおしゃれなお店の玄関だよ。」って言っても通用しそうです。

玄関回りに上手に這わせたモッコウバラが素敵ですね~。玄関が見えそうで見えない、上手な目隠しになってます。

エアコンの室外機もラベンダーで目隠しされてました。

モッコウバラもラベンダーも育ちが早く他っておくとボウボウになります。手入れが行き届いて素敵でした。味のある家っていいですね。




暦はもう秋。相談会を開催します。

2018年9月6日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
桧の床 豊橋市

【9月9日曜日 午後1時30分より15時30分まで

こんにちは、ハミングの佐々木です。

「まだ、相談するほどでもないんだけど・・・」 

「相談会」、タイトルが堅苦しかったですか?  すみません(笑)。

ほんとは

「佐々木と、少しおしゃべりする会」です。

家作りやリノベーション、リフォームを少しお考えでしたら、どうぞ遊びに来てください。

「FM豊橋聴いてるけど、一度直に会ってみたい」、なんて方も大歓迎です。

ムクのテーブル 豊橋市植田町

こちらが相談会場です。ちょっとレトロな空間でしょ。

リラックスできます。

床は杉のムク板。

この足ざわりにほれ込んで、家を建てたくなった方がたくさんいらっしゃいます。

・・・どうぞお気を付けください(笑)。

詳しくはこちらからどうぞ。   ⇒ 相談会ご案内

木の家の家作り デスクワーク 

2018年8月25日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
土地購入 豊橋市 木の家
私は宅建士の資格を持ってますので、5年に一度の更新のための研修があります。【宅建士は不動産の取引資格です】住宅を建てるには土地が必要なわけで、不動産は建築にとってとても身近な分野です。

本業は不動産屋では無いのですが、不動産の事も知ってると色々都合が良いので資格更新してますが、行政法や税法の細かい所は、時々変わるので???なこともあります。そういう場合はどうするか。専門家(土地家屋調査士、司法書士、行政書士、税理士、弁護士)に聞いた
り、取り次いだりするわけです。広く浅くまんべんなくが宅建士ですかね。
みっちり一日、缶詰で勉強してきました。



木の家の設計 豊川市

家づくりには段階があります。
まず、はどんな家がいいかな、どこで建てようかなと言う、家選び、建築業者選びの段階がありますよね。 皆さんこの段階で結構悩まれるみたいです。あなたはいかがですか?

さて、その段階が終わると設計に入ります。どんな間取りにしようか、家具の配置は、収納は、キッチンをどうするなどアレコレ設計者と打ち合わせます。それなりに悩ましいですが結構楽しい。でも、コンセントをどこに付けるか、照明をどうするかなど細かい確認作業もありますのでエネルギーは要りますね。お疲れ様です(笑)

さて、我々作る側には皆さんのご要望をくみ取り、実際に作るための詳細な部分を落とし込む作業があります。例えばトイレの配管をどうする?、骨組みの太さは?、柱の位置は?、梁や柱をどんな風に見せるか、コンセントの高さはお客様のご要望どおりで問題無いか?、スケジュールは?などなど、ど一杯ある。 お客さんとの打ち合わせが2、自分たちだけの作業が8位でしょうか。それで、事務所でゴソゴソしてる時が結構あるんですよ。

さてさて、豊川のU様の二世帯の家もいよいよ詳細の詰めです。頑張るぞ(^ー^)b

大岩町のH様の家のお庭が完成したので見て来た!今年は台風が多いですね~ 

2018年8月23日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
売地

昨年暮れから工事をして4月にお引っ越しされた大岩町のH様の家のお庭が完成したので、見学に行ってきました。
今回はH様のお知り合の庭工事屋さんで工事をされました。

それで、ちょうど一年前、土地購入直前の写真がこちらです。草に覆われ「どんな家ができるかな?」「ちゃんと住みやすい家ができるのかな?」と、ご相談を頂いてた頃です。そして一年・・・
外構完成 豊橋市大岩町

じゃーん。こういう風になりました。
一般の方は空地の状態から、この出来上がりは想像できないと思います。でも、家づくりをする立場だと土地を見た瞬間に、この風景が大まかですがイメージできるんですよね。設計段階で駐車場や自転車置き場などの基本配置や高低差を考えたアプローチなどは考えてありますので、ほぼその様に作って下さってます。【単に家が建つというだけでなく、どんな暮らし方ができるかを考えて購入のアドバイスを差し上げてます。】
テラス台風養生 西高師町
リフォームをご依頼いただいている西高師のS様の家ですが、先日の台風でテラスの屋根が飛んでしまいました。

この部分の修理を先行して計画してたのですが、お見積りをしてる間に、次の台風が早くも来襲!困ります(涙)

それで、応急措置でロープを巻いてきました。これで多少バタバタしても飛んでくことは無いと思います。私がこういう軽作業をすると「え~、そんなことまでやるの?」と言われることがありますが(今日も奥さんから言われた)、見た目ほどドンくさくは無いです(笑)

簡単な事は自分でやったほうが早いですし(^^)、腕の良い職人には専門の事をやってて欲しいので、こういう軽作業は私や監督の仕事です。
技能のいらない、体力と道具と経験と根性(笑)があればできるので。でも、あんまりハードな仕事だと筋肉痛になるので辛いですが(苦笑)


築20年と10年のオーナー様宅改装工事が進行中

2018年7月25日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
子供室間仕切り1富士見台

築10年目のKさんの家、子供さんが成長され部屋を仕切る事になりました。お庭も木が成長していい感じの雰囲気ですね。 最初から間仕切る事を考えて設計してありますので、工事は簡単です。でも今回は防音を考慮して壁の中に断熱材を仕込むことに。
子供室間仕切りプラスターボード 豊橋市富士見台

この後、石膏ボードをダイレクトに張って隙間をなくし防音効果を高め珪藻土クロスで仕上げます。質量の有る石膏ボードで遮音、繊維系の断熱材で吸音のセオリー通りの施工です。中学生の頃、オーディオ好きが高じてスピーカーを自作、おかげで防音や吸音、振動防止とかは多少知識があります(^ー^)
庭の改装工事1 富士見台

さて、趣味と言えば今春にバルコニーなどを改装したTさんの家では、お庭に趣味のバイク用の小屋を作ることに。ココストでアメリカ製の小屋のキットを買ってご家族で組み立てるとのこと。それで、植木の伐採をしました。こちらは築20年。木がずいぶんと生い茂りましたので、専門の職人さんに依頼しました。改装やリフォームの営業を積極的にしてるわけでは無いので昔建てた建物が主です。だから要領は分かってるので、ご提案も工事もスムースです。


庭の改装工事 豊橋市富士見台


伐採が完了して、さっそく工事開始。でも基礎はキットじゃないんだよね。建物を上手に、使いやすく耐久性も考えて作るには小屋と言えども基礎が大事です。 水平をどうやって確保するか、雨水の侵入をどう防ぐかアドバイスをしてほしいとのお電話が。お急ぎな様子で早速お伺いしたら、伐採の翌日からもう工事を開始されてました。
根気のいる作業のご提案になってしまいましたが、肝心な頃なので頑張ってくださいね!
外壁メンテナンス 豊橋市牛川通り

こちらも築20年のO様の家。外壁塗装とサッシの交換、子供室の間仕切りなどの工事が始まってます。改装工事が何軒か重なるとチョット目まぐるしいし、この暑さで余計に目が回る~(苦笑)
窓交換 豊橋市牛川通り

輸入木製サッシが一部不調なので思い切って窓ごと交換していただく事に。木製サッシは雰囲気は良いけど、断熱性能以外の耐候性や水密性は国産サッシと比べると劣ります。
頑張ってきれいに仕上げます!

お引っ越しから2か月半。住んでみましたハミングの家! 大岩町H様邸

2018年7月15日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
住んだ感想 大岩町
大岩町のH様が先日のネコちゃんの家の見学会に来て下さった。2か月半、住んでみての感想文を届けてくださいました。
・節無しのヒノキの床:部屋がスッキリ見えて木目がキレイでサラサラしてとにかく良いです。
・間取り:30坪に見えなーい!と来た人は皆言います。狭いと感じるところが一つもありません。
・独立キッチン:秘密基地みたいでいいです。貼ってもらったタイルに出来る影がいいです。
・階段ホール:自然と家族が集まるセカンドリビングになってます。子供の友だちもよく転がってます。
・造作洗面台:これは便利です。朝込まないし来客者がちょっと手を洗いたいときに脱衣場やキッチンに通さずに済みます。
小さくていいから本物の素材に囲まれた家がいいなって思ってました。ハミングさんで建てたので理想通りの家です。
途中で35坪ぐらいあった方が良かったのかなと心配しました(親に30坪と話したら狭すぎる!と言われたこともあり)でもそんな必要は全くなかったです。設計のおかげで小さく建てて大きく住める家になりました。
アパート時代は一年中カビとの闘いでした。3日雨が続こうものなら、除湿器、換気扇、扇風機を回して・・・ってことにあけくれてました。
それが今年の梅雨は、いつも通りに暮らして何も問題ありませんでしたー‼ 嬉しいです。。(涙)
友人、知人、近所の完成見学会を含めて20社近くの家を見たと思います(大手ハウスメーカーから市内の工務店まで)そうした中で夫婦そろって、グッと来たのがハミングさんだけだったからです。
説明しません(笑)
即行、我が家に連れていきます。
言葉にならない(できない)領域に揺さぶりをかけたいと思います。
完成引き渡し 豊橋市大岩町
と、まあ、こんなご感想を頂き、嬉しいやら照れ臭いやら・・・(^^)
桧の床 リビング 豊橋市
ほんとに素敵な家ですよ~。H様、感想をお寄せくださいありがとうございます!これからもよろしくお願いします。 (ところで、この猛暑、どんな感じでお過ごしなのか感想を伺いたいですね。)

ネコちゃんと暮らす自然素材の家 完成 豊橋市草間町 週末は見学会です

2018年6月27日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
北欧風外観 豊橋市
現場の完成が近くなるとブログ更新が遅くなります(苦笑)現場の確認や細かな部分の補修とか外構工事の段取り、お引渡しのための事務手続きなどやることが沢山あります。もちろん社内のスタッフにも手伝ってもらい、職人さんと一緒にチームハミングの総力を挙げて頑張ってます。 外部は玄関部分を残し、ほぼ完成。今回の建物の外観は少し特徴があります。フォルムはオーソドッククスな総二階の寄棟デザインですが色使い、仕上がりの雰囲気は濃い目の色で落ち着いてます。木目柄の外壁は濃淡でバルコニー部分を張り分け軒天井や雨樋の色も外壁色とほぼ同色、玄関ドアとバルコニーの板も同系でまとめてますので、瓦とポーチのタイルのグレー、外部茶系2色、サッシと基礎巾木のシルバーグレーの4色でまとめてあります。まとめる、揃えるは家づくりでカッコよくするための基本ですよね。注文住宅だから何でもアリで「亭主の好きな赤烏帽子」でお客様の好きな様に作るのも良いのですが、作る側はそれなりの経験とノウハウが有るのでアドバイスに耳を傾けて頂くと素敵に仕上がりますね。
土間収納
さて、こちらは玄関のシューズクローク。たくさん収納できるようにとN様のリクエストで作りました。クロークの中は杉板で仕上げています。板仕上げにするのは湿気のコントロール能力が高いのと、靴が触っても汚れが目立たない、木の香りで臭いをカバーできるのが理由。大きめのハメ殺し窓を付けてるので明るいですね。
二ッチ 豊橋市
奥に見えるのは二ッチ。こちらもお花を花瓶で飾りたいとのN様のリクエストで作りました。花瓶がしっかり置けるよう板を少し飛び出させ角が危なくない様、角を削りアールに仕上げています。既製品の板ではなくてムクの一枚板をカットして仕上げるので、形は自由自在なんですよね。ムク材は便利ですね。
食卓カウンター
こちらも同じく杉板で作った食卓カウンターです。N様は「家族の過ごし方や食事の時間を考えると、普通のテーブルを置くより、我が家はカウンターの方が便利でスッキリすると思う」とリクエストをされました。そして少しでも広く使える様、正面の壁を引っ込めてます。キッチン側も調味料が置けるだけのスペースを同じように設けてます。 カウンターの足は取り壊した建物の飾り柱(百日紅の丸太)を記念にと再加工して使いました。
本棚収納 豊橋市
掃き出し窓の横にはキャットウォークへネコちゃんが上るための階段状の収納を作りました。市販のカラーボックスの奥行で作ってあるのでスッキリ収納できます。高さは窓の高さに合わせて割り付けました。ネコちゃんがヒョイヒョイと登れる程度の高さとは思うのですが、何せ彼女はしゃべってくれないのでヒヤリング無しで作った(笑)上りにくくて見向きも無かったらどうしましょ・・・。冷や冷やしてます(笑)
キャットヲーク 豊橋市

その階段の上のキャットウォークと、ネコちゃんがお留守番の時に外を眺めるための専用窓。バルコニーの支え材や掃き出し窓のシャッターとの取り合いも有るので窓の高さ=天井の高さで納めてあります。ひなが一日このキャッウォークで彼女が過ごしてくれたら苦労して作った甲斐が有るのですが、果たして結果はいかに!
デスク 豊橋市

場所は変わって書斎スペースです。以前の見学会でクローゼットが広いのをご覧になり、書斎兼用にしたいとリクエストを頂きました。「近くで眺める節はちょっと苦手」との事で杉の節無し板でまとめてあります。今回はパソコン(インターネット)をヘビーに使われるのでLAN配線も仕込みました。

毎回、どちらのオーナー様も良くお話を伺うと「実は、こんな風にしたいんです。」とか「今は我慢してるけど、ほんとはもう少し・・・」と言ったお話が沢山ある。そんなリクエストを毎回ご一緒に工夫して作ってます。「そういえば、あそこの家はこんなコトしたな」とか、「〇〇さん家じゃこうしたな」と、とブログ書きながら思い出してます。「アレコレ工夫して良く作ってきたもんだ」とか「提案をOKして任せてもらって嬉しかったな」とか、一杯思い出します。

ハミングの家づくりは自然素材やムク材で作るのが当たりまえなので、かなり自由に、かつリーズナブルにいろいろ出来ちゃうんですよね。見学会では、それぞれのご家庭の都合やリクエストにあ合わせたいろいろな工夫が沢山あります。木の家の空気を体感するだけでなく、細やかな工夫も見て頂くときっとご自分の家づくりのアイデアやヒントが沢山見つかると思いますよ。良かったらどうぞ見に来てください。おまちしてます。

やぐま台のS邸 和室がナチュラルな洋室に変わりました。完成です!

2018年6月15日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
梁丸太 田原市

ジャーン!完成です。ビフォアがどんなだったかは下の写真をご覧ください。左手の扉の中はクローゼットです。杉と桐で作りました。建具が入る一段と素敵です。高級感が増しますね。天井の梁もイイ感じでしょ。奥の壁にはレトロなデザインの手元照明を付けました。天井の梁は久米蔵色で赤茶色に仕上げレトロな感じを出しました。
和室 田原市

こちらが工事前の様子です。障子とエアコンの位置は変わっていません。この状態から上の写真の完成形は想像しにくいですよね。S様は以前にもリフォームをされており経験、知識が豊富でセンスも素敵なので、天井を取り払って板張りの部屋にするイメージが出来たのだと思います。畳からフローリングの床にする、床の間スペースを本格的な収納にする程度は想像ができても、天井を取り払うリクエストは出来ないと思いますよ。
床の間 田原市

さて、そのクローゼットです。こちらは工事前。すでにカーテンを使ってクローゼットとして使われてました。これを本格的にクローゼットにすることに。でも、奥行きが45㎝しかない!そのままのサイズではクローゼットとしては無理があるので工夫しました。
クローゼット扉 田原市

板を使って枠を作り奥行きを確保しました。本格的に壁を継ぎ足してしまうと壁の厚み分が目立ち圧迫感が出そうだったので杉の厚板で作りました。棚板も設けバックなども置けるスペースを確保。こうやって新旧比べてみると全く別の部屋ですね。
格子と照明 田原市

入口の襖の前に設けた縦太格子も枠の中にすっぽり納まってるので飾り戸の様に見えますが固定式です。奥様のアイデアでここに壁掛けテレビを取り付けます。 左奥は収納シェルフ。扉は狭くなるので取り付けずにカーテンで目隠しをしています。高さが1.8m、奥行き60㎝で市販の洋服箪笥と同じサイズ。布製品やブラインドなどを建具の代わりに使うといろいろ便利なことも有るんですよ。 照明器具は天井を照らすコイズミ製品。天井に光を反射させて部屋全体を明るくする間接照明にしました。
照明カバー 田原市

照明部分の前に太格子と同材のヒノキの節無し板があり、正面への光をコントロールします。高級照明器具と思うでしょ。実は、正面を少しだけ照らすのですが、それが使ってみたら少し眩しい・・・(冷)。そこで思いついたのがこのカバー。照明器具とは別モノ。板で大工さんに作ってもらいました。カッコイイでしょ。欲しくても買えませんよ~(笑)
格子の上部横に板が取り付けてあります。ハンガー掛けに使えるように長押(ナゲシ)を再利用。これも奥様のアイデアです。
ルーバー雨戸 田原市

南の掃き出し窓には雨戸が有ります。今回、戸締りしながら風を通すようルーバー雨戸に戸だけ交換しました。レールの上を滑らしてるだけですから、雨戸だけの交換は割と簡単です。写真はルーバーを開放したところです。外の様子が分かりますね。
ルーバー雨戸 外 田原市

外部はこんな感じです。シャッターにもルーバータイプはありますが電動シャッターしか設定が無くて、やたら高いのでお勧めするには勇気がいる(笑)新築をお考えでエアコンはあまり好きじゃなくて、夜風を通したい方にはお勧めです。(外観デザインは工夫が必要ですが・・・。)

断熱リフォームと内装工事 やぐま台のSさんの家

2018年6月7日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
壁断熱 田原市

S邸は和室を梁の見えるレトロな感じの洋室に生まれ変わらせる工事ですが、断熱改修も併せて行っています。土塗り壁だけでは冬は寒いので、その上に軟質繊維板を張りました。軟質繊維板=インシュレーションボードとも言います。まあ、簡単に言えば段ボールが少し硬くなった感じの柔らかなボードで、木をほぐしてプレスしたものです。
土壁の無い部分には防湿層不要のポリエステル繊維断熱材を詰めます。どのくらい保温性が高まったか、今年の冬が楽しみです。
大工造作工事 田原市

ボードが貼り終わったら造作工事です。奥に見えるのは杉板で作った大型シェルフ。収納棚の大型版です。扉は付けずオープンに使う予定です。 胴縁や野縁、巾木など長い物は場所が無いので梁にかけて保管しながら作ってますが、リフォームの場合は材料の置き場も工夫が必要なんですよね。散らかすと作業の効率も落ちるし、傷をつけたりとロクなことは無いです。ま、新築でも同じですが片付けのヘタクソな職人さんはダメですね。
ヒノキの縦格子

奥様のリクエストで作った格子。ヒノキの4面節なし材です。設楽の私の製材(奥三河木材協同組合)から持ってきました。やっぱりヒノキはヒノキです。香りが良いですね。
実はこれ壁掛けTV用の取り付け下地(簡易壁)です。黙っていたら和の雰囲気を出すための飾りとか、格子戸に見えます。
黙ってた方が良かったかな(笑)。
お八つ

頑張ってるので先日奥様がご褒美にパンケーキ焼いてごちそうして下さった。おいしかったです(^ー^)
奥様がほんとにお気遣い下さって、毎日職人さんに何かしらおやつを出して下さる。10時とか3時に掛かる様に現場に行くと私もご相伴にあずかれるんです(笑)
ちなみに今日は、朝取り茹でたてのトウモロコシを頂きました。決してお八つ時間を狙って行ってはいませんよ~。
塗装下地工事 田原市

ペンキ塗りの下地調整です。古材に塗料を塗ると良く吸い込む(塗料が必要)箇所とそうでない箇所があるので、塗り面の状態を見て必要量を予想します。匠の塗油の久米蔵色を使いますが、値段が結構お高い自然塗料なので余分に買うのも嫌だし、足らなくても困るし、必要量の予想が難しいです。買い足すにも特殊な塗料で近所では売ってません。時間が掛かって工程が困るんですよね・・・。
クロス下地 田原市

で、こちらが塗り上がり。
天井は明るくなる様に白く塗りました。梁は赤茶色(久米蔵色)でコントラストが映えます。壁は珪藻土クロス仕上にするので下地処理にパテを施工中。
だんだん、格好が整ってきますね。
レトロな照明器具 田原市

照明器具も取り付けて、エアコンも取り付けしなおしました。部屋が新しくなったんでエアコンも新品の様に見えました。不思議ですね(笑)梁に取り付けてある金物もこげ茶色に塗りました。細かい所を丁寧に仕上げたいです。
細かい所を簡単に済ますと店舗みたいで、安っぽくなっちゃうんですね。それが嫌なんですよ・・・。
お施主様は拘らなくても、細かい所の違いは作ってからご説明差し上げると「なるほど~」って喜んで頂けるんですよね。
次回はいよいよ完成したところをお見せできます。お楽しみに~。
scroll-to-top1