表面波探査法で地盤調査をしました。 Yさんご家族の家 豊橋市内張町

表面派探査法 豊橋市

内張町でY邸の工事が始まりました。今年の1月からご一緒に土地探しをはじめ、3月に土地が見つかり先月末に土地の引き渡しが終わりました。さっそく地盤調査開始。

最近は振動を起こす機械で地面を伝わる振動の伝わるスピードを計り地盤の固さを見ます。従来はスウェーデン式(建物4隅と中心の5ヶ所に鉄棒を揉み込んでその抵抗を調べる方法)が主流でしたがピンポイントでの調査のため、たまたまそのポイントだけが弱い場合も、全体が弱いと判断されるケースも有りました。

表面派はその点、硬い土質ほど速く伝わり、逆に軟らかい土質では遅く伝わるという性質を利用しているので、比較的全体の強度をバラツキなく推定できます。その代わり地盤の強度不足のばあい、どの位の深さまで弱いか、土質はどうかなどは分かりにくいです。

今回は1m位は確実にやわらかいので、改良工事をして不同沈下を防ぐ判定になりました。そこで今度はどんな改良工事が適切か、深さと土質を調査するためにSS式の調査をした。改良工事は何種類かやり方が有りますが、不同沈下対策だけでなく将来の事や液状化対策も兼ねて選択するようにしています。




上棟後雨養生 豊橋市

飯村町のTさんご夫婦の家は上棟後、雨続きでなかなか工事が進みません。大工チームは親方と息子と弟子2人のが4人なので、息はピッタリです。スタートが少々遅れても4人で協力して工事を進められるので工程にはあまり影響が有りません。 それで、のんびり養生してます(笑)。
雨養生シートの中 豊橋市

こちらは養生シートの中。ブルーの光に囲まれてちょっと幻想的な雰囲気。シートで囲んであるものだから、中は桧の甘い香りで一杯でう。私は普段から木に囲まれてまするので香りに慣れてますが、それでも強烈に香りを感じます。久しぶりにヒノキの香りに酔いしれました。【慣れちゃってるから(いわば中毒)だから少しばかりの香りじゃ感じない(笑)】
解体完了 豊橋市

さて、高師町のK様邸。無事解体工事が終わりました。これから塀の工事を計画しています。プラン考えなきゃ・・・。
和風の庭 豊川市

参考はこちらの塀。3月にお引渡ししたU様邸です。
先日お邪魔したら玄関前の通り庭を仕立て中でした。完成したら拝見したいですね。