ハミング社長ささきの日記

自然素材で作る家 木の家 もうすぐお引渡し  豊橋市三本木町

2015年12月12日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
木製洗面カウンター

ペンション? いえいえ三本木のSさんご家族の家です。

やはり年末はバタバタして、お引渡しギリギリの完成になりました。見学会は無いんですが、この週末は特別にちょっとだけ一部の方にご覧いただきます。最近、お声をかけてくださる方は、お客様のお知り合いとか、小冊子をお読みになって共感していただけた方とかがほとんどです。だから見学会と言うよりも、あらかじめご連絡下さった方だけにご案内したりで、特定の方だけに見て頂くケースが多い。ハミングの家にご興をお持ちでしたら、どうぞお早目に資料請求なさって下さい。ご案内が行く用になりますから。
ブリックタイル

こちらはキッチンもタイル張りです。奥様のこだわりのリクエストです。ブリックタイルと言ってレンガをスライスしたタイルです。だから油や水は吸いますので、時間とともに色合いが変化します。どんな風に変化するかは、その家でのお料理やお手入れの状況によりけりなんで、一概には言えません。言えることは、色が濃くなる事ともっとカッコよくなる事くらい(^ー^)

ヤッパリ、つるつるで清潔感あふれるほうが、と言う方はキッチンパネルがおすすめです。タイルの目地の汚れを気にされる方には絶対向かないです(苦笑)

また少しづずつご紹介していきますね~

木と自然素材で作る家 完成までもう少し 今日から12月ですね~! 豊橋市三本木町

2015年12月1日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
玄関

我が家の玄関にはもうクリスマスのお飾りが登場。そうか~あと一か月ごは正月か・・・。時間が経つのは早いですね!
クロス工事
 
三本木のS邸はクロス工事が終盤に差し掛かりました。クロス屋のヤマジ君が頑張ってくれてます。「調子はどう?」と聞くと、職人さんらしく 「下地がどうのこうの」、「こうするとうまく張れる」、「この珪藻土クロスは技術と耐力が必要なんだ」といつも同じ返事が返ってきます。よほどキレイに張りたいんだろうな~。こだわりが尋常ではない(笑)まだ、30前後と若いけど立派なガンコ職人です。

「あとちょっと、頑張ってな~。たのむよ~!」

玄関土間

Sさんの家は玄関土間収納が有ります。土間のタイル下地を作りました。クロス仕上げ壁とのコントラストがきれいですね。今日は土間タイルを張る予定。

白い塗り壁の家 ほんとに白くなりました(笑) 豊橋市三本木町 Sさんご家族の家

2015年11月29日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
ジョリパット

「白い家」と言うタイトルでしたが、長らく下地のままのネズミ色状態が続いてました(苦笑)  乾燥養生や、天気の加減で少し延びましたがとうとう白くなった!(笑)

カッコいいですね~
今朝は板金屋さんが採寸に入ってくれました。これで破風、鼻隠しをカバーして雨どいを付ければ足場がとれます。来週末には出来上がるかな。
クロス工事
 
クロスもだいぶ張れました。木と珪藻土壁紙は相性がとっても良くてナチュラルです。光が柔らかく反射するんですよね。印象派の光の表現に通じる感じがして好きなんですよ。そう言えば若いころ、上野の美術館へモネの睡蓮をよく見に行ったな~
建具

建具も搬入済みです。内部はクロスが張れたら建具や照明器具を取り付けていきます。ドアも杉材を使って建具屋さんが作ってます。ハミングはずっとドアは既製品じゃなくてオーダーメイドが標準仕様です。内装に無垢材を使うとテイストを合わせるには、やはり同じような材料で全部作らないと嘘っぽくなるんですよね。

ま、違う材料を使って着色と言う手もありますが、本来は年数を経て味のある色になったものを真似るために苦肉の策で着色するケースが多いわけです。店舗じゃないんで、ナチュラルに作って時間とともに変化を楽しんでいただくのが、私としては一番おすすめです。

そんなわけで、既製品のビニールシート張りのドアは使いたくないです。新築時は良いんですが、5年、10年経つと無垢材とは明らかに異なる風合い(ちょっと貧相)になりますからね・・・。ちぐはぐな空間になるんですよ。物の本質が質感を生みそれがベースとなって美しさを醸し出しますから、素材はおろそかにできないです。

子育ての木の家 多米の家

2015年11月26日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
足場撤去
 
Iさんご家族の家の足場が外れました。これからベランダの手すりや玄関ドアがつきますので、メリハリが出てきます。玄関ドアは工事中に傷がつくと嫌なので、工事用ドアを取り付けてます。実際には濃い目の木目のドアがつくんで、けっこう迫力出ますよ。楽しみです(^ー^)
キッチン施工打ち合わせ

今週はキッチンの施工打ち合わせ。大工さんと監督とキッチン工事やさんと私の4人で取り合いをどうするか、例えばキッチンパネルをどこで止めるか、巾木をどこまでやっておくかとか、細かな隙間をどうするかとか・・・。

図面で打ち合わせるより現場で話してしまった方が早くて確実なこともあります。コンセントがどこに隠れてるかとか、いろいろあります。
ウール断熱材配達

デカい顔でスミマセン(笑) 断熱材の配達は私の仕事。キッチン打ち合わせのあとは外壁工事中の豊川のSさんちにそのまま直行です。細かな材料は会社から持って行ったり、余ったものを回収したり。

「肉体労働もたまにやってるんだよ~」ってとこで、自撮りしました(自撮りって難しいね~)


チョッとモダン和風な木の家 構造見学会完了 もうじき外壁張ります 豊川市Sさんの家

2015年11月18日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
外胴縁
 
外壁材が搬入されました。天気の合間を見て張ってきます。外部の防水シートの上に縦長の木が取り付けられてます。わかりますか?ドウブチ(胴縁)って言います。外壁取り付け下地です。

外壁の後ろ側には水が入ったりすることもあります。その水が壁の中に入るのを防ぐために防水シート(写真の銀色のモノ)を張ってます。

さて、この胴縁は外壁のすぐ裏なんで環境は厳しいわけです。丸裸ですもんね。おまけに18mm×45mmと小さい。湿気に強くて丈夫な木でないといけません。それでハミングではヒノキの胴縁を使います。たぶん胴縁の中では一番丈夫だと思いますよ。

なんて話を見学会でさせて頂きました(^ー^)

板金のドーマー

2015年11月13日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
銅板葺き屋根

銅板をたっぷり使ったカッコいいい屋根ですね。この写真を見てどこだかわかる人~?
ピンポーン! そう東京駅です。お休みに行ってきました。

すごくキレイな仕事です。何度も眺めてるんですが、夜間だったり乗り換えで急いでいたりでじっくり見たのは初めてでした。そこで御上りさんらしく写真を撮ったんです(笑)

研修

東京へ遊びに行ったわけではありませんよ。勉強に行ってました(^-^)

住宅の世界って設計や工事だけでなく、お金の話からお客様さまへのおもてなしの心構えとか、会社自体の経営のこととか、ま、いっぱいあるわけです。独力では限界がありますので、時々仲間が集まる勉強会に参加してきました。

お客様に「ああ、ハミングで建ててよかった。」、「ハミングでぜひ建てたい!」と思っていただけるよう、努力はしてるんですよ。まだまだ足りない事ばかりで申し訳ありませんが、休日返上で努力中ではあります(苦笑)どうぞよろしくお願いします。


今日は墓参り~

2015年11月10日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
0154a9f13f07f9af110fc174d6b1d042ee6119cada

今日は定休日。午前中は休日出勤で仕事でしたが、午後は一月ぶりに設楽の実家に行ってきました。紅葉がだいぶ進んで秋らしくなってました。あと2週間くらい経つと、きっとピークかな。

山奥でしょ。実家の前からの景色です(^ー^)
墓参り

田舎ですから墓地に余裕が有る。で、お墓は基本的に夫婦で一つ。4代前のご先祖様からこの墓地に祭られてます。数があるし落ち葉で掃除が大変なんだよね~。

お花も飾って少しさっぱりです。自分の気持ちもさっぱりしました。たまにはお墓参りも良いですね~。

ナチュラルな暮らしを楽しむ木の家 豊川市O様宅 築8年目の家見学会

2015年11月10日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
見学会
 
当日はあいにくの雨。でも、みなさんとっても楽しく見学してくださいました。

「旅館みたい~」なんて声も聞こえてきてビックリ!そうか、オーナ様も私も当たり前に思ってるんですが世間一般からするとハミングの家は、どこかしら旅館とか、ペンションとか非日常の雰囲気があるんですよね~。

・・・うらやましいでしょ(笑)

ご協力いただいたO様、奥様ありがとうございます。そしてご見学下さった皆さん。今度はあなたがオーナー様になる番ですよ~(笑)
しっかりお手伝いしますので、よろしくお願いします!


杉板張りの天井 梁が見えるSさんの家 豊川市仲町

2015年11月3日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
踏み天

Sさんの家の2階の天井はもう完成してます。梁の上に直接杉板を張ってある「踏み天井」スタイル。上棟の時に板を張って断熱材も敷きこんであります。面白い作りでしょ。

15日(日曜)に骨組み見学会やります!詳しくはもうじき案内をアップしますのでお楽しみに!

今日は中間検査でした。検査員の方は豊橋の設計士さんで顔見知り。世間話をしました。

この前の台風で豊橋の現場の床が濡れて、断熱材がカビたらイヤなので床下地を剥がして点検したこと、だいぶ交換して一苦労だったこと、それでこの現場からは、外壁下地の板が張れて雨が吹き込まなくなってから工事する様に切り替えたことをおしゃべりしました。

「そうなんですね。どうも様子が違うと思った。」ですって。やっぱりプロですね~。作り方の手順が違うのをちゃんと見抜いてる(笑)

「そこまで気を使って作ってる会社は少ないですよ。やっぱりハミングさんは昔から健康住宅でこだわってるから違いますね~。」とのお言葉 (^ー^)

プロからそんな風に言ってもらえて、ちょっとうれしかったです。

ワンコと住む家  注文住宅を豊橋で建てる

2015年10月30日|カテゴリー「ハミング社長ささきの日記
犬と住む

我が家の次男です。家族の中で、次男だけは犬です(笑)
上の二人は私より身長が高くなりましたが、この子はよちよち歩きの人間の子供くらいの背丈。

お父さんは
「時々散歩に連れて行ってくれて、おやつをねだると割と簡単にくれる、チョロイおっさん」と思ってるみたいです。

足元を見られてるのは分かってるんですが、ついつい甘やかして家族に叱られてます(苦笑)

ところで、ワンコに限らず室内でペットと一緒に住まう家づくりで心配なのは床の仕上げ。

洋室

この写真の床、ステキでしょ。
杉の白身と赤身の混じった部分(木材の専門用語で源平げんぺいと言います)で、とても柔らかくて足触り抜群です。

床暖房が入ってるのかと錯覚するくらい冬はあったかで、夏は素足でもサラサラで気持ち良い。

だけど猫ちゃんが喜んで爪とぎをしそうな柔らかさなんですね。
爪痕がしっかりつきます(苦笑)

硬くて傷がつきにくく肌触りが良い木が有ればいいのですが、木材の性質上そんなものは無い(笑)。

どのあたりで折り合いをつけるかは、よく相談しましょう。

そうそう、最初の写真の床材はナラの木(オーク材)です。硬くて冷たいけど節がほとんど目立たず土足OKなほど頑丈ですよ。

scroll-to-top1