【豊橋市 Y様邸】

Y様邸01
Y様のご紹介
・ご主人(30代) ・奥様(30代)
・お子様(3人:小学生、保育園生)

家づくりのポイント
子育て真っ最中のご夫婦がご希望されたのは、3人のお子様が元気良く、のびのび成長できること。
家族の気配がいつも感じられることでした。喘息気味のお子様のためにも、健康的な住まいを目指しました。
Y様邸02
1階部分の外壁は杉赤身板、2階はガルバリウム鋼板。オレンジの陶器瓦で、軽やかで可愛らしい感じの家に仕上がりました。
Y様邸03
少し体の不自由なお子様がいらっしゃるので、玄関へのアプローチをスロープにしました。【塀の後ろがスロープ】塀にも小窓を作り小さな鉢植えなどを飾って楽しみます。
Y様邸04
丸柱の奥が洗面脱衣、トイレ、2階への通路になっています。2階に行くには、必ずリビング・ダイニングを通過するようになっており、子供たちの様子が良く分かります。
Y様邸05
手前から、リビング、ダイニング、対面キッチン。キッチンは後ろと左横に十分な収納があるので、吊り戸棚を省き、ダイニングとの一体感を高めました。右奥の壁照明部分は、コルクを壁に貼り掲示版コナーに。
Y様邸06
南北に長い敷地のため、間取りも南北に長くなります。当然、リビング・ダイニングの奥は暗くなりがちですし、東の隣地に建物が将来立つことも考え、南面に吹き抜けを設けました。
Y様邸07
南面の吹き抜け。キャットウォークを設け、窓の開閉が出来るようにしています。
T様邸8
壁で完全に塞ぐと狭苦しくなるので、格子でリビング、ダイニングからの目隠しにしました。
Y様邸09
作りつけレンジ台と吊り戸だな。左側のスペースにはお手持ちの食器棚と冷蔵庫が並ぶペースがあります。
◎ボディー杉赤身板・扉桐。
Y様邸10
子供室は壁に様々なものが取り付けられるよう、板壁を作りました。
T様邸11
こちらも子供部屋です。全て板ですとやはり暗くなりがちですので、一部は紙クロスで仕上げています。
Y様邸12
玄関は1坪とコンパクトですが、大きな窓と天井までの収納で圧迫感を感じさせないつくりになっています。
Y様邸13
玄関からリビングへの入り口は、狭い場所なので一本引きに。安全を考え透明部分はアクリル板にしてあります。扉パネルは桐のため腰壁と現在は色が違って見えますが、5年程度で日焼けして同じような色になります。
Y様邸14
桐板で作ったドアです。
c32400c548410eab7944b12c25fe51bf
こちらも同じく桐の板で作ってあります。部屋にあわせ、材種、デザインは様々に仕上げることが可能です。