【湖西市 A様邸】

A様邸01
Y様のご紹介
・ご主人(30代) ・奥様(30代)
・お子様(3人:小学生、保育園生)

家づくりのポイント
「家族で家を楽しみたい」そんなご主人の願いが溢れた家です。
ロフトや薪ストーブ、屋根裏の隠れ家的な書斎など、楽しさ一杯の家になりました。
A様邸02
シンプルな玄関。屋根の上に見えるのは薪ストーブの煙突です。
A様邸03
ダイニングと勝手口から使う、東側のデッキです。外での食事や、日常のモノの出し入れなどに大活躍です
A様邸04
ダインニングスペース。右奥は対面式キッチン。茶の間にも隣接しており、ワンルームとして使えます。家族のいる場所を通り2階に上がるスタイルです。
A様邸05
リビングスペース。床は杉赤身板張り。新築のときは赤いのですが、数ヶ月でキレイな薄茶色に変化します。
A様邸06
リビングに隣接した茶の間は、扉が片側にまとめて引き込めるよううになっています。
A様邸07
シンプルな茶の間(8畳)。奥には板敷きのスペースを設け、ピアノが置けるようになっています。
A様邸08
薪ストーブの周りは、防火と汚れ防止のためテラッコッタタイルを埋め込みました。
A様邸09
ご主人のご希望で入れた薪ストーブ。メーカーはヨツール。シンプルで故障の少ない機種です。後ろの黒いパネルは反射板。
A様邸10
対面式キッチンは開口を大きくしてダイニングとの一体感を重視しました。後ろの作り付け棚は、下にお手持ちの冷蔵庫や食器棚がピッタリ納まるよう考えてあります。
A様邸11
作りつけレンジ台。大きな窓は暗くなりがちな対面式キッチンを明るくし、風通しも良くします。ボディー・扉共に杉材。
A様邸12
子供室。個室スペース+全員で使う図書室の作りになっています。作り付けの勉強デスクを設けました。上部はロフトスペース。
A様邸13
階段は桧。箱手摺にして、脱衣室前の奥まったスペースが暗くならないようにしてあります。
A様邸14
押入れとクローゼットスペースを兼ねた収納。扉を開けるとスペースが半分ずつ現れます。もちろん、内部にも合板は使ってないので、嫌な臭いがしません。板が湿気をコントロールするので、スノコも除湿剤も不要です。
A様邸16
玄関ホール土間収納。可動棚を利用して、長いものから小物まで収納できるようにしました。扉を付けると玄関ホールが狭くなるため、暖簾などで目隠しするよう考えてあります。